オパールエッセンスの個人輸入の秘訣

オパールエッセンスの個人輸入の秘訣 オパールエッセンス
オパールエッセンスの個人輸入の秘訣

オパールエッセンスの個人輸入の話しです。

まず個人輸入とはなにか?wikipediaでは以下のように記載しています。

個人が直接(代行を介さず)外国の販売店へ、商品を注文して購入する形態。通信販売の 購入先が国内から外国に変わったもの。自国では手に入りにくいような特殊なサイズの衣類や一部の医薬品など、その国では入手しにくいものの購入に利用され ることが多い。従来は相手国で通用する言語でビジネスレターが作成できるレベルの語学力が求められ時差や支払方法の問題もあったが、インターネットの発達で高度な語学力の必要性が薄れ業者によっては自国語以外の言語によるページを開設しているところもある。支払方法にはクレジットカードを使うことが多い(ただし、不着や商品トラブルなどの対応には電話や電子メールなどにより意思疎通ができる程度の語学力が必要となる)。

wikipediaでは言語の問題を記載していますが、今では当たり前になったネット通販ですので当然、アメリカにある日本の会社が運営しているところなんかも当然あるわけです。ページも全て日本語で、サポートも日本語で、トラブルももちろん日本語で、電話も日本でみたいなところが。

トラブルなどに言及しているのは基本、個人輸入の場合、自己責任ですので、商品に問題があった場合などは全てメールか電話でのやりとりになってくるのです。

商品のトラブルといえば、以前も石鹸やサプリメントでも商品自体に問題があるとしてニュースになったのは記憶に新しいところ。

以前のエントリーにも書きましたが、ホワイトニング剤というのは過酸化水素や過酸化尿素が主ですので、実はあんまりどのメーカーでも同じようなものなのでオパールエッセンス以外の選択肢も考えられます。

オパールエッセンスが安心できるのは実際に業務で使用している商品ですので、商品自体には全く問題ないところでしょう。

偽物なども、商品の需要からいって出回っていないと思います。

というわけで、上記のような会社がやっているページを根気よく探せばかならず見つかります。ちなみに私は

www.white-bank.com

というサイトで購入しています。

アメリカ発送で日本の会社がやっているみたいで、何回か購入したが問題はありませんでした。ホワイトニング専門サイトで扱っている商品がホワイトニング関連なのもなんだか信頼できました。

というわけで次回は実際のオパールエッセンスの使い方を解説していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました